おざき歯科通信

おざき歯科通信WEBをご覧いただきありがとうございます。

おざき歯科通信は、尾崎歯科で毎月1日に発刊し、来院された皆様にお配りしている医院ニュースレターです。

当院の日々の取組や、活動、口腔健康への想いを中心に、歯を守るための情報もお届けしております。

 

注目記事

2021.10月号vol.66

月イチ院内勉強会

当院は、毎月スタッフ全員が集まっての全体勉強会を行っています。

勉強会では、患者様にとってより良い歯科医療を届けていくために歯科治療についての学びや症例検討のほか、医院の改善点や問題点の話し合いなども行なっています。

日々の診療での改善点や歯科医療への知識を深め、全員で共有することで診療の質の向上に繋がるよう取り組んでいます。

また、患者様にとって最善の治療に繋げるためには、信頼関係がとても大切になるため、私たちはお口の状態だけでなく患者様の気持ちに寄り添う姿勢も忘れてはいけないと考えています。

尾崎歯科は、患者様にとって最良の歯科治療と、治療によって取り戻した健康を守り続ける予防歯科によって、皆様の健康で安心できる生活に寄り添い、健康を支える歯科医院を目指していきます。

今後も、勉強会などの医院活動を継続し、知識や技術のアップデートだけでなく、様々な情報を全員で共有し成長していくチーム医療で皆様の健康を守り続けます。

2021.10月号vol.66

運動は脳も鍛える!?

皆さんは、脳細胞について考えられたことはないでしょうか?

脳細胞は、年齢を重ねるほどに減っていく、生まれたときに数は決まっているというようなイメージを持たれていないでしょうか?

ハーバード大学医学部のジョン・レイティ教授の著書「脳を鍛えるには運動しかない」では、脳を発達させるためには、勉強よりも運動の方が大切であることが伝えられています。

運動と脳には、どのような関係があるのでしょう?

運動をすると、脳の海馬に多く存在するBDNFという物質が分泌され、記憶力や学習能力が向上することが実験で立証されています。

この実験は、シカゴのネーパーヴィル大学で行われ、1時間目が始まる前に体操やランニング、ダンスなどの有酸素運動を実施しました。運動をした生徒は、成績が17%も向上し、ネーパーヴィル大学は理科世界1位、数学世界6位の成績を残すことができたうえに、実験に参加した生徒は肥満や血圧、心拍数も改善しました。

また、運動によってセロトニンが分泌されることから、精神疾患予防や改善にも大きな効果も期待でき、週2回の運動で認知症リスクを50%も減少させることも報告されています。

改めて運動の大切さを感じます。

副院長 尾崎槙一

2021.10月号vol.66

ワールドシンポジウムを終えて

9月2日~5日の4日間に渡って、私が所属する世界的な歯科医師スタディグループの「インターナショナル・チーム・インプラント」のワールドシンポジウムが開催されました。

本来は、シンガポールで開催される予定で、私も参加するはずでしたが、新型コロナウイルスの影響によりオンラインでの開催となりました。

この「インターナショナル・チーム・インプラント」は、1980年に世界で活躍する12名のインプラント治療専門医によって設立され、現在では、世界中に15,000人を超える会員がいます。

ワールドシンポジウムでは、世界の最先端を歩む多くの歯科医師による講演が行われ、最新の治療材料や膨大な臨床データをまとめた根拠のある見解を学ぶことができる貴重な機会となっており、日本では得ることが難しい情報も多くありました。

現地に足を運べない悔しさもありましたが、現地開催の場合は約30講演全てを受講することは難しかったのですが、オンラインでは期間内であれば何度も視聴できたので、全て見ることができました。

今回も世界の歯科医療を牽引する歯科医師から多くの学びを得ることが出来ました。

副院長 尾崎槙一

2021.9月号vol.65

入れ歯とインプラントのハイブリッド治療 ①

むし歯や歯周病などによって、複数の歯を失ってしまったときの治療に、入れ歯やインプラント治療があります。

入れ歯には、保険適用で比較的安価な治療法から、保険適用外ですが高精密なタイプなどがあります。

インプラント治療は、保険外治療のみで入れ歯に比べると治療費は高くなりますが、自分自身の歯のようにしっかり噛んで食事を楽しむことや、喋りやすさ、自然な美しさを得ることが出来ます。

インプラント治療を検討されていても、治療費を考えると入れ歯を選択するしかないと思われて来院される方も多くいらっしゃいます。

当院では、複数の歯を失ってしまった場合の治療で、入れ歯とインプラント治療の良いところを合わせた「インプラント オーバーデンチャー」という治療法もご案内しています。

「インプラント オーバーデンチャー」は、入れ歯の仕組みとインプラント治療を応用することで、通常のインプラント治療よりも

治療費を抑えた治療法になり、すでに多くの方がこの治療によって健康的な生活を送っています。

2021.9月号vol.65

入れ歯とインプラントのハイブリッド治療 ②

人の歯は通常、上14本、下14本(それぞれ親知らずは除く)の合計24本あり、仮に全ての下の歯を失いインプラント治療を受けると、14本のインプラント治療を受けることになります。

このような場合でも、インプラントオーバーデンチャー治療は、入れ歯の仕組みを利用することで、インプラントの本数を2~4本にすることが可能になります。

インプラントオーバーデンチャー治療では、数本のインプラントを埋め込み、そのインプラントを入れ歯を固定するための土台として活用する治療法になります。

インプラントと入れ歯はしっかり装着されるため、口腔内で大きな安定感を得ることができ、生活の中で痛みもなく、安心した生活を送ることが出来ます。

装着する入れ歯は、取り外しもできるため、ご自宅で洗浄することもできるのでいつも衛生的に保つことも出来ます。

また、入れ歯のように歯に装着するためのバネ(金属)がありませんので、見た目も自然な歯のように美しいのも特徴です。

インプラントオーバーデンチャーについては、当院スタッフまでお気軽にお尋ねください。

副院長 尾崎槙一

2021.9月号vol.65

鼻の穴はなぜ2つあるの?

鼻の穴はなぜ2つあるのかご存知でしょうか?

呼吸するという機能だけを考えれば、口と同じように1つでも問題はなさそうですが、なぜ2つもあるのでしょう。

鼻の穴が2つあることで、香りがする方向や距離を認識し、立体的に香りを確認する構造になっています。

また、鼻の粘膜は、ネイザルサイクルという自律的な反応によって、肥厚と収縮を繰り返すことで、空気の流れを調整し鼻の穴を清掃する働きがあります。

2つの鼻の穴の一方をふさいで鼻で息をすると、空気が多く通る側と少し空気の通りが悪い穴があると思います。

空気が多く通る方が、現在呼吸を担当している鼻の穴になります。空気の通りが悪い方では、血管が拡張し粘膜を腫脹させることで、分泌物を増やし自動洗浄を行なっています。

呼吸を支える肺は、24時間機能し続けており、その肺になるべく負担をかけないように鼻は新鮮できれいな酸素を送り続けなければいけない為、常にどちらかは洗浄している状態となります。

鼻のような洗浄機能がない口で呼吸すると、ウイルスなど新鮮ではない酸素を肺に届けることになってしまいます。

2021.8月号vol.64

効果的な歯磨きができる歯ブラシ

むし歯や歯周病からお口の健康を守るために大切な歯磨きですが、皆さんはどのような歯ブラシをお使いでしょうか?

当院では、その方に合った歯ブラシをご案内しておりますが、特におすすめな歯ブラシが「クラプロックス歯ブラシ」になります。

スイスで開発された「クラプロックス歯ブラシ」は、むし歯予防に効果を期待できる歯ブラシで、一般的な歯ブラシの約10倍の7,600本もの超高密度毛によって、効果的に汚れを取り除くことができます。

この超高密度毛はすべてポリエステル系ファイバー素材になっており、通常の歯ブラシに使われているナイロン素材よりも毛が柔らかく弾力もあるので、歯や歯ぐきを傷つけることなく歯垢(しこう)や汚れを除去することができます。

また、手で握るハンドル部分は八角形になっていることで、適切な角度で磨きやすくなっています。

歯磨きは、お口の健康を守る基礎でもあるので、大切な歯ブラシに選びについては、当院スタッフまでお気軽にお尋ねください。

副院長 尾崎槙一

2021.8月号vol.64

治療後の歯の生存率

上図では、初めて歯の根の治療を受けたあとのその歯の生存率を示しています。

この統計から、根の治療が重要であることはもちろんですが、被せ物の治療によってもその後の歯の生存率に影響があり、質の高い根の治療と被せ物治療が、治療後の歯の健康維持に重要になることが分かります。

銀歯の下はむし歯が再発している状態の場合も多く、良くない被せ物治療では、銀歯と歯の隙間から細菌の侵入を許しています。

その結果、むし歯の再発だけでなく根の病気の発生につながっているケースもあります。

その為、当院では歯を守るために、セレックなどのオールセラミックでの質の高い被せ物治療もご案内しています。

歯の根の治療は、抜歯の一歩前の治療であり、その後も何度も治療を繰り返すことは難しいため、次のむし歯や病気の再発は抜歯になる可能性もあります。

お口の健康を守る生活習慣、セルフケア、メインテナンスに加えて、治療方法もしっかりと検討することが重要です。

副院長 尾崎槙一

2021.8月号vol.64

新型コロナワクチン接種を終えて

6月16日(水)午後診療と17日(木)は、当院スタッフの新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン接種(2回目)のため休診にさせていただき、皆様にはご迷惑をおかけしました。

ワクチン接種は、16日(水)午後に受けましたが、副作用による倦怠感や発熱などの可能性があることから、万全な体調で診療にあたることを考え、翌17日も休診とさせていただきました。

ワクチン接種後の副反応についてご心配される方も多いと思います。副反応は、2回目の接種後に多くあり、大半の方は接種して5時間後くらいから倦怠感や腕の痛みを感じ、中には37度くらいの微熱から39度くらいまで発熱する場合もあります。

接種翌日の夜に体調が回復するケースが多いようですが、副反応には個人差があるので、2回目のワクチン接種翌日はできるだけスケジュールは空けておいたほうが良いかもしれません。

現在、新型コロナワクチンは、世界199カ国で始まっており、EU諸国は18.8億回分のワクチンを契約済みで、アメリカは1カ国で12.1億回分を押さえています。

経済的に劣る国では接種が遅れていますが、オリンピックを控えた日本での接種率も大きな課題と思います。

新型コロナウイルスが、早く安全に収束することを願うばかりです。7月16日現在

2021.7月号vol.63

競技者を守るスポーツマウスガード

格闘技やアメフトなどで選手が歯に装着しているスポーツマウスガードを見たことはありますか?

スポーツマウスガードの使用率は広がりを見せており、近年では陸上競技のほか、サッカーやバスケットボール、スキーでの使用も多くなってきています。

スポーツマウスガードの役割は、プレー中の事故や衝撃から歯を守るだけでなく、強い衝撃から脳や顎(あご)を保護し、脳震とうや顎の骨折、顎関節の損傷のリスクを軽減することが出来ます。

スポーツマウスガードを使用することで、パフォーマンスが向上するという話もありますが、選手が持つ運動能力が上がるということはありません。

簡易的なスポーツマウスガードが販売されてることもありますが、自分自身の歯型に合ったものでなければ効果が出ないため、スポーツマウスガードの使用する場合は、歯科医院で製作されることをお勧めします。

副院長 尾崎槙一

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑