おざき歯科通信

おざき歯科通信WEBをご覧いただきありがとうございます。

おざき歯科通信は、尾崎歯科で毎月1日に発刊し、来院された皆様にお配りしている医院ニュースレターです。

当院の日々の取組や、活動、口腔健康への想いを中心に、歯を守るための情報もお届けしております。

 

注目記事

2021.8月号vol.64

効果的な歯磨きができる歯ブラシ

むし歯や歯周病からお口の健康を守るために大切な歯磨きですが、皆さんはどのような歯ブラシをお使いでしょうか?

当院では、その方に合った歯ブラシをご案内しておりますが、特におすすめな歯ブラシが「クラプロックス歯ブラシ」になります。

スイスで開発された「クラプロックス歯ブラシ」は、むし歯予防に効果を期待できる歯ブラシで、一般的な歯ブラシの約10倍の7,600本もの超高密度毛によって、効果的に汚れを取り除くことができます。

この超高密度毛はすべてポリエステル系ファイバー素材になっており、通常の歯ブラシに使われているナイロン素材よりも毛が柔らかく弾力もあるので、歯や歯ぐきを傷つけることなく歯垢(しこう)や汚れを除去することができます。

また、手で握るハンドル部分は八角形になっていることで、適切な角度で磨きやすくなっています。

歯磨きは、お口の健康を守る基礎でもあるので、大切な歯ブラシに選びについては、当院スタッフまでお気軽にお尋ねください。

副院長 尾崎槙一

2021.8月号vol.64

治療後の歯の生存率

上図では、初めて歯の根の治療を受けたあとのその歯の生存率を示しています。

この統計から、根の治療が重要であることはもちろんですが、被せ物の治療によってもその後の歯の生存率に影響があり、質の高い根の治療と被せ物治療が、治療後の歯の健康維持に重要になることが分かります。

銀歯の下はむし歯が再発している状態の場合も多く、良くない被せ物治療では、銀歯と歯の隙間から細菌の侵入を許しています。

その結果、むし歯の再発だけでなく根の病気の発生につながっているケースもあります。

その為、当院では歯を守るために、セレックなどのオールセラミックでの質の高い被せ物治療もご案内しています。

歯の根の治療は、抜歯の一歩前の治療であり、その後も何度も治療を繰り返すことは難しいため、次のむし歯や病気の再発は抜歯になる可能性もあります。

お口の健康を守る生活習慣、セルフケア、メインテナンスに加えて、治療方法もしっかりと検討することが重要です。

副院長 尾崎槙一

2021.8月号vol.64

新型コロナワクチン接種を終えて

6月16日(水)午後診療と17日(木)は、当院スタッフの新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン接種(2回目)のため休診にさせていただき、皆様にはご迷惑をおかけしました。

ワクチン接種は、16日(水)午後に受けましたが、副作用による倦怠感や発熱などの可能性があることから、万全な体調で診療にあたることを考え、翌17日も休診とさせていただきました。

ワクチン接種後の副反応についてご心配される方も多いと思います。副反応は、2回目の接種後に多くあり、大半の方は接種して5時間後くらいから倦怠感や腕の痛みを感じ、中には37度くらいの微熱から39度くらいまで発熱する場合もあります。

接種翌日の夜に体調が回復するケースが多いようですが、副反応には個人差があるので、2回目のワクチン接種翌日はできるだけスケジュールは空けておいたほうが良いかもしれません。

現在、新型コロナワクチンは、世界199カ国で始まっており、EU諸国は18.8億回分のワクチンを契約済みで、アメリカは1カ国で12.1億回分を押さえています。

経済的に劣る国では接種が遅れていますが、オリンピックを控えた日本での接種率も大きな課題と思います。

新型コロナウイルスが、早く安全に収束することを願うばかりです。7月16日現在

2021.7月号vol.63

競技者を守るスポーツマウスガード

格闘技やアメフトなどで選手が歯に装着しているスポーツマウスガードを見たことはありますか?

スポーツマウスガードの使用率は広がりを見せており、近年では陸上競技のほか、サッカーやバスケットボール、スキーでの使用も多くなってきています。

スポーツマウスガードの役割は、プレー中の事故や衝撃から歯を守るだけでなく、強い衝撃から脳や顎(あご)を保護し、脳震とうや顎の骨折、顎関節の損傷のリスクを軽減することが出来ます。

スポーツマウスガードを使用することで、パフォーマンスが向上するという話もありますが、選手が持つ運動能力が上がるということはありません。

簡易的なスポーツマウスガードが販売されてることもありますが、自分自身の歯型に合ったものでなければ効果が出ないため、スポーツマウスガードの使用する場合は、歯科医院で製作されることをお勧めします。

副院長 尾崎槙一

2021.7月号vol.63

金属資源高騰による銀歯への影響

数年前にむし歯治療で銀歯を入れたときと比べて、治療費が高くなっていると感じた方はいないでしょうか?

銀歯は、その名の通り「銀」で作られていると思われる方も多いと思いますが、その成分は金12%・銀46%・パラジウム20%とその他銅や亜鉛を加工し作られています。

それらの金属は限りある資源としてや世界情勢、自動車産業などの影響により急激な高騰が続いています。

特に、金やパラジウムは2016年頃から異常な値上がりを続けており、15年ほど前に比べると約5倍の価格となっています。

保険が適用される銀歯は、相場に合わせて定期的に治療費が改定されており、国によって定められた治療費は、全国の歯科医院で同じ治療費になります。

当院で導入しているCAD/CAMシステムのセレック治療は、保険適用外のセラミックのほか、保険適用の白い被せ物を作製することができ銀歯の被せ物と比べても金額差が少ないことから、セレック治療を選択される方も増えてきています。

治療費について不安がある場合は、お気軽にお尋ねください。

院長 尾崎守男

2021.7月号vol.63

世界の銀歯

毎年、花粉症に悩まされる方も多いのではないでしょうか?

日本人の3人に1人は何らかのアレルギー症状を持っていると言われており、花粉症などアレルギーの患者数は増加傾向にあります。

アレルギーは、花粉や食べ物など通常であれば問題がないものに対して免疫系が過剰に反応し、身体に様々な症状を引き起こしてしまう免疫機能障害です。

歯科治療において注意しているアレルギーは、麻酔薬や処方するお薬などがありますが、最近では「銀歯」が原因となる歯科用金属アレルギーの方が増加傾向にあります。

『銀歯』が原因の金属アレルギーの症状は、銀歯の近くの粘膜や口腔内全体が荒れた状態になったり、手や足の皮膚の荒れなどにでるものもあります。

日本では一般的な銀歯ですが、ドイツやスウェーデンをはじめとする国では、口腔内での使用を禁止する法律や、使用を推奨しないと勧告している国が多く、アメリカなどでもほとんど使用されていません。

治療後の健康を守る治療法を選択することも大切です。

院長 尾崎守男

2021.6月号vol.62

治療を繰り返し歯を失うデススパイラル

歯は何回も治療できないことをご存知でしょうか?

一度治療を受けた歯は、数年後には再びむし歯になることが多く、繰り返しむし歯を削る治療を受けることになります。

このように数回のむし歯治療を繰り返すことで、やがて歯を失ってしまい、この過程を示したのが上イラストの「デススパイラル」と言います。

保険適用のむし歯治療を受けた歯は、平均5~6年で再びむし歯となり、再びむし歯の治療を受けるというデータがあります。

一方、当院で導入しているセレック治療を受けた歯は、17年後にも90%以上の歯の生存が認められているというデータがあります。

再治療までの期間が長くなることで、人生100年時代の現代において自分の歯で健康的に過ごすことができる可能性が高まります。

自分の歯がしっかり保たれることで生活習慣病や認知症などのリスク軽減になり、全身の健康維持にも繋がります。

当院では、むし歯が繰り返されることがないように、治療後には定期的なお口のメンテナンスによってむし歯の原因となる細菌を取り除くほか、治療ではむし歯の再発リスク軽減に繋がるセレック治療を推奨しています。

副院長 尾崎槙一

2021.6月号vol.62

治療を繰り返さない歯を守る治療

セレック治療は、むし歯の再発リスクを抑えるだけでなく歯を支える『歯の根』を守ることにも繋がるセラミック素材で歯の修復をする治療です。

大きなむし歯治療では、むし歯菌に感染してしまった部分を削り取り、歯の根にファイバーポストと呼ばれる「柱」を立てます。

次に、その『柱』をしっかり固定するために『柱』の周りに、レジンコアという素材の『土台』を盛り付けていき、最後にセラミック素材の被せ物を装着(接着)します。

この『柱(ファイバーポスト)』と『土台(レジンコア)』は、セラミックの審美性を高めるだけではなく、歯の根を守る役割も持っています。

本来の歯と似た素材であるため、物を噛んだときなどに歯に負荷がかかったときは、わずかにしなることで、歯の根へのダメージを緩和する働きがあります。

歯の根を守ることは、歯の寿命を守ることに直接関係するため、とても重要な役割です。

また、セラミックが割れてしまうことを心配される方も多くいらっしゃいますが、これも、割れることで過度な衝撃が、そのまま歯の根に伝わるのを防止する役割を持っています。

副院長 尾崎槙一

2021.6月号vol.62

歯科技工所の変革

最近は、新型コロナウイルスワクチン担当大臣として、テレビなどにも出演されることが多い自由民主党の河野太郎大臣ですが、内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)としての立場もあります。

現在、河野大臣が進める改革の一つに歯科技工界が取り上げられています。

改革の中心となっているのは、一つの歯科技工所内に複数の歯科技工所が入る歯科技工所の共同利用の概念です。

一言で歯科技工所といっても、その専門性は分かれており、保険の銀歯、審美性の高いセラミック、入れ歯など、技工所によって担当する技工が分かれています。

この改革が成立することで、専門性の高いそれぞれの歯科技工所が一つのフロアに集まり働くことができるため、より質の高い歯科技工がスピーディーに行われることになります。

当院でも導入している先進医療CAD/CAMシステムが普及し患者様のお口の情報が模型ではなくデータとして管理・製作することが可能になってきたことで、歯科技工士のリモートワークなど、その働き方は大きく変わってくる可能性があります。

歯科医療において、歯科技工士は大切なパートナーであるため、歯科技工所の在り方、歯科技工士の働く環境がより良くなる改革を期待したいと思います。

2021.5月号vol.61

差し歯について

「差し歯」とは、どのようなものかご存知でしょうか?

差し歯は、比較的大きなむし歯治療のときに、歯を削った後に被せる「歯の被せ物」のことを言い、クラウンとも言われます。

差し歯(被せ物)の構造は、どのようになっているのでしょう。

差し歯は、大きな虫歯での治療法になるので、歯の根だけしか残せない状態になる事が多いです。

その為、歯の根に人工の土台を立て、補強する必要があります。

そして、土台を補強し構築した後に、差し歯を被せて歯の修復が完了になります。

土台を金属にする治療法もありますが、当院では残された歯の根を守るためにも、なるべく歯質に近い素材で土台を構築しています。

また、差し歯は、銀歯よりも歯の根や口腔健康を維持することに優れているセラミック素材を推奨しています。

副院長 尾崎槙一

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑