2020.1月号vol.45

新年のご挨拶

新年、明けましておめでとうございます。

今年のお正月は、長く休みがとれたという方も多かったと思います。また、新年ということで新たな目標を立てた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

尾崎歯科は今年も、患者様の「健康に向き合い、笑顔に寄り添う」

ために、健康につながる質の高い歯科治療と健康を守り続ける予防歯科を届けていきます。

今年は、8月に東京オリンピック開催や、オリンピック種目のマラソン・競歩は札幌で行われることになったため、大きな盛り上がりを期待しています。

2020年、皆様の健康と笑顔を守れる歯科医院を目指した成長を継続していくためにも当院も様々なことに挑戦していきたいと思います。

本年も「尾崎歯科」をどうぞ宜しくお願い致します。

院長 尾崎守男

2020.1月号vol.45

時代とともに変わる歯科技工士

2020年を迎え新しい一年が始ましたが、近年はパソコンやスマートフォンの普及により、時代の流れがとても早くなったと実感することが多くなりました。

車の自動ブレーキシステムや、現金を使用しないクレジット決済、3Dプリンターによる製造など、日常生活の中で活躍の場を広げています。歯科医療分野でもコンピューターシステムは先進医療として広がりをみせており、歯科医師だけでなく、歯科技工士の仕事にも大きな変化を生み出しています。

当院で導入している「セレック治療」の場合、歯科技工士は模型を削ったり金属を鋳造することはなく、撮影された歯のデータをもとに、コンピュータで詰め物や被せ物のデザインと合わせて治療に最適な素材を選択します。

デザインされた詰め物や被せ物は、ミリングマシンによって削り出され、その後、歯科技工士によって審美性を高める色付けや研磨をします。

これまでの作り出す歯科技工士から、より高い精度や審美性をプラスしていく役割へと変化しています。

今後は、さらに進歩と広がりが期待される分野となります。

2020.1月号vol.45

同じゴールを共有する勉強会

12月20日(金)は、スタッフ全員参加の院内勉強会を実施しました。当院は院内勉強会を毎月行なっており、歯科治療についての知識と技術の向上を目指すほか、患者様が安心して通院できる歯科医院づくりに取り組んできます。

今回の勉強会では、歯周病治療における口腔環境のコントロールをテーマに行い、実際の症例をもとに治療方針の解説をすることで、治療への理解を深めると同時に、考えや情報を共有することができました。

歯周病は、お口の中の汚れが原因となり細菌が増殖し、歯ぐきが炎症を起こしている状態ですが、進行が進んでしまうと歯を支えている歯ぐきや骨がなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。

歯を失う原因で最も多い歯周病は、日本人の40歳以上の約8割がかかっており、生活習慣病の一つにあげられています。

歯科医師だけではなく、歯科衛生士をはじめ、スタッフ全員が一人一人の患者様と同じゴールを目指していく診療を届けていきます。副院長 尾崎槙一

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑