2020.10月号vol.54

変化する学びのかたち

8月22日(土)23日(日)は、私が所属する「北海道形成歯科研究会」でサマーセミナーが開催され、私は昨年に続き、セミナー運営のほか、座長・司会進行役という立場で参加しました。

今回のサマーセミナーは、新型コロナ感染対策として、会場入場者数に制限を設け、来場できない方はオンラインや会員制YouTubeで受講できる仕組みを作りました。

私もオンラインでの参加で、モニターから司会進行などをさせて頂きましたが、形式が大きく変わっての進行に多少の戸惑いを感じました。

サマーセミナーでは、著名な歯科医師による講演や症例発表に加え、会員の歯科医師からの症例発表もあり、基本的な臨床から高度な臨床まで幅広い学びを得ることができました。

今後は、学びのかたちも変化していく可能性もありますが、どのような状況になっても質の高い歯科治療技術を求め、知識を得る努力を重ねていきたいと思います。

副院長 尾崎槙一

コメントは受け付けていません。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。