2021.8月号vol.64

新型コロナワクチン接種を終えて

6月16日(水)午後診療と17日(木)は、当院スタッフの新型コロナウイルス(COVID-19)ワクチン接種(2回目)のため休診にさせていただき、皆様にはご迷惑をおかけしました。

ワクチン接種は、16日(水)午後に受けましたが、副作用による倦怠感や発熱などの可能性があることから、万全な体調で診療にあたることを考え、翌17日も休診とさせていただきました。

ワクチン接種後の副反応についてご心配される方も多いと思います。副反応は、2回目の接種後に多くあり、大半の方は接種して5時間後くらいから倦怠感や腕の痛みを感じ、中には37度くらいの微熱から39度くらいまで発熱する場合もあります。

接種翌日の夜に体調が回復するケースが多いようですが、副反応には個人差があるので、2回目のワクチン接種翌日はできるだけスケジュールは空けておいたほうが良いかもしれません。

現在、新型コロナワクチンは、世界199カ国で始まっており、EU諸国は18.8億回分のワクチンを契約済みで、アメリカは1カ国で12.1億回分を押さえています。

経済的に劣る国では接種が遅れていますが、オリンピックを控えた日本での接種率も大きな課題と思います。

新型コロナウイルスが、早く安全に収束することを願うばかりです。7月16日現在

コメントは受け付けていません。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。